オゾンを使った消臭・脱臭は危険?殺菌効果やしくみ | 消臭・消毒・脱臭:6,000円~&現地調査無料|消臭脱臭110番

最新情報・レポート

消臭脱臭に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

オゾンを使った消臭・脱臭は危険?殺菌効果やしくみ

オゾンを使った消臭・脱臭は危険?殺菌効果やしくみ

 

「オゾン」は、お部屋の嫌なニオイを消すためにとても効果的な化学物質です。強い殺菌力をもっており、ニオイの元である細菌を消すことで、すばやく消臭・脱臭してくれます。しかし、強力な殺菌力があると聞くと、やはり気になるのが人体への影響です。「オゾンは化学物質だし、お家で使うのは危険なのではないか?」と不安に思う方もいることでしょう。

 

今回は、ニオイ対策に使われるオゾンの効果や、危険性、注意点などを総括的にご紹介します。注意点と使用方法をしっかりと理解して、安全に消臭・脱臭しましょう。

 

 

オゾン消毒とは?殺菌のしくみ

オゾンという言葉が、「ニオイ」という意味のギリシャ語に由来することをご存知でしょうか?その名のとおり、オゾンには生臭いような独自のニオイがあります。基本的には無色透明で目で確認することはできませんが、高濃度なオゾンは青色になります。少量ながらも空気の中にも存在しています。

 

オゾンを科学的な視点で見てみましょう。O2と表現されることからも分かるとおり、オゾンは酸素原子が3つ合体した物質です。オゾンは紫外線の波長が酸素にぶつかることによって生成されます。しかし、酸素原子が3つ合体した状態というのは非常に不安定で、オゾンはすぐにほかの物質と反応して安定酸素(O2)になろうとします。

 

オゾンは酸化作用の最中にニオイを消してくれます。まず、オゾンはニオイの元となる物質の、細胞膜や細胞壁を壊します。そして膜に覆われた核にたどり着くと、オゾンは核を溶かします。核が溶かされると物質は存在することができなくなるため、ニオイが完全に消え去るのです。

 

芳香剤など、市販で販売されている消臭剤がニオイの元を包んでニオイを閉じ込めるのに対し、オゾンはニオイの原因を分解し完全に消してくれます。このような作用の違いから、オゾンは消臭・脱臭に非常に効果的だといわれているのです。

 

オゾン消毒の効果は強力

オゾン消毒の効果は強力

 

オゾンは少量でも非常に強く、すばやく消臭効果を発揮します。とても不安定ですぐにほかの物質とくっ付きたがる性質なので、空気中にニオイの元となる物質を見つけると瞬時に反応し消臭してくれるのです。

 

オゾンはさまざまな場面で活躍しています。たとえば、お家の中ならトイレやキッチン。トイレの嫌なニオイも、キッチンで腐った食品のニオイもしっかりと消してくれます。ほかにも、体臭やたばこ、嘔吐物など強いニオイや、カビなどのしつこいニオイもしっかりと消臭してくれるので、あらゆる範囲に対応できる優れものだといえます。

 

オゾンはお家以外の場所でも効果を発揮します。用法・容量を守れば安全な物質なので、ちいさな子供がいる保育所や幼稚園のような場所から、顧客の安全を第一に考えなければならないお店まで、いろいろな場所で消臭・脱臭に使われます。ニオイを撃退する以外にも、ノロウイルスの対策や、水道水を消毒するのにもオゾンが使われています。

 

オゾンって危険?使用方法を守れば安心

「オゾン=危険な物質」と認識されている方も多いようです。たしかに、オゾンはほんの少しだけでも強力に作用するため、高濃度でしかも大量に使うのは極めて危険です。しかし実際は、たばこやお酒、薬と同じようなもので、「過度の使用(服用)」が危険なのです。濃度や使用量を守り、作用をコントロールすれば、安全に消臭することができます。

 

消臭・脱臭に使ってもよいオゾンの濃度は、日本では【0.1ppm未満】と定められています。これだけの濃度でも消臭効果は十分に得られますので、濃度規定はしっかりと守りましょう。逆に、0.1ppm以上の濃さになると、生臭いニオイを感じたり、頭痛、胸痛、気管に異常が出るなどさまざまな人体への影響が懸念されるといわれています。絶対に0.1ppm未満の濃度で使用しなければなりません。

 

空気洗浄機ではできない殺菌作用をもつイオン発生器を使う方もいらっしゃいます。イオン発生器は、ごく一般のものであれば濃度基準を満たしており安全といえます。しかし、購入時の選び方には気を付ける必要があります。ただ安い製品を選ぶのではなく、基準を満たした安全性の高い製品であるかは必ず確認しましょう。

 

注意点を理解した上で使用しましょう

注意点を理解した上で使用しましょう

 

濃度や使用方法をしっかりと守れば危険性は少ないですが、使い方を誤ると非常に危険です。以下のポイントには最新の注意を払いましょう。

 

  • ・使用するときは、0.1ppm未満の濃度で使用する
  • ・使用中オゾンの独特のニオイを感じたときには、すばやく窓を開けて換気をする
  • ・腐食効果があるので、プラスチック製品やゴム製品には使わないようにする
  • ・鉄や銅のものは変色の恐れがあるので、消臭するときは別の場所に保管しておく
  •  

    オゾン発生器などのメーカーが販売している商品を使う場合は、説明書をよく読み、してはいけないこと、使用方法をしっかりと理解した上で使い始めるようにしましょう。オゾン消臭をしてみたいけれど、自分で行うのはやっぱり健康被害が不安…という方もいらっしゃることでしょう。

     

    そんな方は、自分で無理にオゾンを扱おうとするのではなく、業者に依頼して、安全に消臭・脱臭しましょう。ニオイを消す方法を知り尽くした消臭のプロなら、ご自宅にあるニオイの原因や状況を参考に、適切な使用量でしっかりと消臭してくれます。

     

    まとめ

    オゾンは、酸素原子が3つ組み合わさった不安定な化学物質で、安定しようと酸化するときに消臭効果を発揮します。オゾンを使えば微量ですばやく強力な消臭効果を期待できるので、住宅以外の幼稚園やお店など、さまざまな場所で使われています。

     

    オゾンというと危険なのではないかと考える方もいるかもしれませんが、容量・用法をきちんと守って使えば、高い効果を安全に得られる優れものです。しかし、使い方を誤ると健康被害に遭う可能性もゼロとはいえません。市販の製品を使うときは、正しい使い方に必ず従うようにしましょう。また、自分でオゾンを扱うのは難しいと感じた場合は、迷わず業者に依頼することをおすすめします。

    通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

    0800-805-7251

    24時間365日、日本全国受付対応中!

    無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    上枠

    CM

    BSニュース 日経プラス10

    「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

    下枠

    私たちが24時間365日サポートいたします

    0800-805-7251

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!
    • お急ぎの方へ
    • 無料相談はこちら
    対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

    選ばれる4つの理由

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    • 0800-805-7251
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼